吉野町を語る ■MENU

■吉野町の概要
  奈良県のほぼ中央を西流する吉野川、その中央地帯の要地にある吉野町は、総面積約95平方キロメートル、奈良県全面積の6割を占める吉野郡の北端に位置し、約30平方キロメートルもの広大な国立公園があります。
  「吉野」という地名は「古事記」や「日本書紀」にも登場しています。飛鳥時代には、大海人皇子が近江の都から吉野に逃れ、壬申の乱を起こし、飛鳥浄御原に古代津令国家を築いたのは有名な話です。また、役小角(えんのおづぬ)が大峰山を開き、修験道を創立し、吉野金峰山が山岳宗教の中心として仏教文化の影響を受けることにもなりました。
  修験道は平安・鎌倉期を通じて隆盛を極め、たび重なる天災・兵火・法難に脅かされますが、その都度不死鳥のようによみがえり、今、その大本山は国宝建造物「蔵王堂」として歴史を語り続けています。また源義経と静御前、後醍醐天皇・楠正行・竜門城の一色氏など多くの歴史のドラマを見守ってきました
  近年に入り、桜の名所として有名な吉野山が史跡名勝地として、また吉野熊野国立公園や県立吉野川・津風呂自然公園といった指定を受けています。今は、吉野川での鮎つりやアウトドアのスポットとしても知られています。